伏せができるようになりました

4ヵ月前にペットショップで一目ぼれしたパグという犬を飼い始めたのですが、最近ようやく芸をするようになりました。

といってもただの「伏せ」なんですが、それでも飼い主としてはうれしい成長なんですよね。

犬を飼うのは初めてなのですが、最初はトイレも覚えてくれないし、お手もしない、無駄に吠えるし、呼んでも来ないなど結構大変だったのですが、やはり少し大人になったというか成長すると飼い主のことも認識してある程度言うことを聞くようになりました。

やはり大事なのは人間と犬との主従関係をしっかりと構築することなんですよね。

犬はもともと群れで生活する動物ですから、家族の中で順位を決めるんです。

もちろん飼い主がリーダーになるのが一番いいのですが、甘やかして犬の思い通りに何でも事が運ぶという環境になると、犬は自分が一番偉いと勘違いしてリーダーになろうとします。

そうするということも聞かないし、わがまま放題に育っていきます。

それを回避するにはとりあえず中途半端に甘やかしたりしないで、褒める時には褒めて、叱るときには叱るということが大事になるんです。

これからは「おすわり」「お手」「待て」をしっかりと覚えるようにしつけていこうと思っています。

それからできればボールキャッチなどの高度な犬の芸を覚えてくれたらと思っています。

犬の芸の種類と教え方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です