化粧水と乳液

化粧水と乳液は、シャンプーとリンスというように、以前はセットで売られていたものです。

水分を顔につけた後に油分で蓋をするというような古典的なスキンケアが主流だった頃はそうでした。どうしてそれが古典的家と言えますと肌の水分は油分でふとあをされているというわけではなくセラミドなどと結合することによって維持されているということがわかっているためです。そのため最近では乳液に代わって美容液が使われるようになりました。ですから今後は乳液はあまり使われなくなるかもしれません。ですが使い慣れた感触がいいというためなのか乳液を根強く使い続けている人も多いようです。そういう人たちにはセラミドなどの保湿成分配合の乳液をおすすめしたいなと思います。美容液投入駅の中間のような保湿成分をたっぷり含んだ乳液というものを最近は出ています。油分でフタをしてからへ少々変わってきた乳液であるならば使うに値するかもしれませんね。ヴィーナスカーブ 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です